単身赴任と40歳の境界線での健康への配慮

わたしは今年40歳になりますと同時に、会社生活で初めて単身赴任を始めることになりました。そこでこれまでは健康について特に気にしていたことはありませんでしたが、周囲の勧めもあっていろいろ心がけることにしました。

まずは運動です。毎月3回のゴルフのラウンド以外はこれといって運動はしていませんでしたが、今では毎日10000歩以上のウォーキング、そして筋肉トレーニングをかねたゴルフの素振り、さらには縄跳びも毎日行っています。

継続はなかなか難しかもしれませんが、今のところ3か月は頑張って続けることに成功しています。

次に食事です。どうしても野菜の摂取が一人暮らしでは不足してしまいがちにはなるのですが、毎朝コーヒーの代わりに野菜ジュースを飲んでから出勤することにしましたし、夜も夕食後に野菜ジュースを飲んでいます。

食事も結局は買って帰ることが多くなるわけですが、お惣菜もとにかく野菜をいくつか量り売りで購入していますし、お魚を焼くといったことができないのでできるだけ買って帰っています。

さらには睡眠や規則正しい生活も心がけるようになり、休日の前の日には夜更かしをしがちですが、ここ最近は毎日6時間の睡眠を欠かさないようにしました。

おかげ様であまり気分が晴れないような朝はない、といっても過言ではありません。

あと何年この単身赴任生活が続くのか自分自身でも不明ですが、家族と暮らすようになっても前述の生活習慣は継続していくべきだと考えるようになりました。

メキシコのユカタン半島の町メリダでの思い出

私はメキシコに惹かれて何度か訪れました。そしてメキシコの中でも、特にユカタン半島にある町のメリダが私のお気に入りです。飛行機でメリダの空港に着きますと、もう心がウキウキします。心地好いユカタン半島の爽やかな風がたまりません。

確か3度目にメリダを訪れたときの事でした。私は空港から市内までバスを利用しました。現地の人たちも一緒に乗っています。

軽く挨拶をかわした地元の人らしき女性が、私と一緒に町の中心でバスを降りました。その時に私の料金まで支払ってくれようとするのです。丁重にお断りしましたが、何と気前の良い方なのでしょう。ますますメリダが好きになりそうでした。

バス停から歩いてホテルに到着。そのホテルは空港の観光案内所で紹介してもらいました。ですからあまりひどい所ではなさそうです。

ドアを開けるとホテルのロビーです。それほど大きなホテルではありませんが、なかなか感じの良さそうなホテルです。

部屋に荷物を置き、ロビーで寛いでいました。するとホテルの女主人らしき女性が私を呼ぶのです。そばには着いたばかりの日本人男性がいました。彼と女主人とのコミュニケーションがうまく出来ずに、私に助けを求めてきたのでした。

無事その日本人の男性もチェックインできました。夕方彼と私はメリダの中心であるソカロ(広場)脇にある、レストランで夕食を取りました。

今でも覚えていますが、私たちが頼んだのはピザでした。そしてそのピザの一切れが大きかったこと。味はけっこう美味しかったと思います。

私はこのホテルの雰囲気がけっこう気に入りました。朝食のときにレストランでフルーツサラダをオーダーしました。たっぷりと盛られたフレッシュな果物が、とても美味しかったのを覚えています。

ロビーでロッキングチェアーに揺られながら、優雅にイタリアオペラを聴いていた女主人の姿が今でも目に浮かびます。

おすすめページ:→メリダ市内観光、市場、マヤ人民家訪問

奈良県吉野郡の名産の「柿の葉寿司」について

奈良県の吉野郡の名産品として、「柿の葉寿司」があります。その歴史は古く、江戸時代の中期には既に庶民の間でも、広く食べられていたそうです。形状としては「押しずし」の形であり、鯖や鮭が寿司ネタとして使われているのが一般的です。

海の無い奈良県になぜ魚を使った特産品が?と疑問に思いますが、熊野古道は日本でも有数の街道の一つであり、江戸、京都、上方に次いで繁栄していた古都奈良は紀州、熊野などから多くの海産物が集まってきていた、という時代背景があるのです。

昔のことですので、足の早い鯖の保存方法としては塩漬けにするしかなく、当時はかなり塩辛い状態で奈良に届けられたそうです。柿の葉に包むのも柿の葉の保存効果を利用したものであり、最も良く食べられていた時期が夏場であることから、食中毒防止の為の工夫が現在の形になり継承された理由です。

鯖寿司や大阪のバッテラよりも比較的肉厚の薄いネタを使用するのは、この塩辛い鯖を薄切りにした事が原因であり、その名残は今でも残っています。

塩鯖を酢でしめたものをネタにしますが、大阪のバッテラのように発酵工程を行わず、比較的あっさりとした食味が特徴です。

庶民の味として吉野郡の各家庭で作られて親しまれていた為に、各家庭や村々で若干のつくり方や味の違いが見られます。何代も続く伝統のある老舗も多く、「平宗」や「やまと」、「たなか」などの有名店も多く存在します。

柿の葉寿司は元々は鯖だけがありましたが、これらの老舗ができるようになり、鮭も材料として使われるようになり定番化されました。

家庭で楽しむ他、贈り物としても喜ばれ、奈良県吉野郡の名産品としての地位を確立しています。

私のおすすめの店舗はやはりコチラ→柿の葉すし本舗 たなか

ネットで野球のグローブをお得に購入しました

先日ネットで子供の野球グローブを購入しました。私は野球のことはよくわかりませんが、子供はどこそこのメーカーで何々というグレードのグローブでなければだめだというのでネットで検索しました。

ネットで検索すると早速見つかりました。実際どんなものなのかスポーツ店に行ってみましたが展示品があるのは一店だけで色が子供の希望と違いました。価格はネットで販売されている価格より4000円ほど高くなっていました。

そこで色も豊富なのでネットで購入することにしました。何よりも価格が安いという事が自分にとって一番です。子供は手に取ってみないとどうのこうの言っていましたがスポーツ店でだいたいの感触を確認したので納得してくれました。

親としては安く購入でき4000円も得したと思えば本当にうれしい限りです。しかもポイントもついて大満足です。

5日くらいで自宅に商品が届きました。スポーツ店で見たものと同じもので色も希望のものが届き、子供は喜んで大事に手入れをしています。本当に良い買い物をしました。

私自身も靴とかサイズがあるものはネットで購入するのにやや抵抗がありましたが、これからは靴なども大丈夫だと思いました。

また、量販店などと価格を比べることはあまりしてこなかったにですが、ネットで購入するとかなり安く購入できるのだと実感しました。高い商品ほどそう送料無料とかになっているのでお得だと思いました。

今後も賢く利用して節約していきたいと思います。